上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






うちのちわわん 時々 どきっとするほど妖艶なまなざし










20140726112027862.jpg



  ね?











20140726154145890.jpg



  ね?!










20140726113312d55.jpg



 ね、ねっ?!















20140726112239e01.jpg


  ね、ね、ねっ?!!













極めつけはこれ!


          2          0140726113633d0f.jpg    


生身の女性でも・・なっかなか・・出せる表情ではありません・・
     
  京都のお座敷にあがれそう
  まめやっこ!
             

















そんなちわわんですが ジャーキーを食べる時は
こんな顔になってしまいます・・・・






201407261420105f6.jpg












いつも応援のポチッありがとうございます

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ チワワへ
にほんブログ村








ワールドカップ初戦・・・
終わったことは・・・あれこれ言うまい






今日は ちわわんのお話です





チワワの歴史は
9世紀のころ メキシコ周辺を支配していたトルテック族が
神の使いとし崇めて飼育していたテチチという犬が その祖先だそうです

このテチチはもともと地中の穴にすむ野生の小さな犬でしたが
トルテック族により飼育されるようになったというのが どうやら定説らしいです

メキシコからその後アメリカ南西部に渡り
何度も品種改良を重ねられて 現在のスタイルに出来上がったそうですよ






さて うちのちわわんですが
わたしは ちわわんの横顔が好き





20140615150017ee1.jpg




チワワの特徴がよくわかります
りんごのような頭の形・・アップルヘッド
鼻筋はまっすぐで適度に短く 小さな鼻はわずかに上向き
ぱっちりと丸い大きな目
耳は大きくピンと立っています



うちのちわわんは とても目が大きいとよく言われますが
これは アイラインがすごくクッキリ太く入っているから・・のようです







チワワ愛好家の方には叱られると思いますが・・・
実はわたし チワワを飼いはじめる前にはある偏見を持っていました


チワワがブレイクしてからというもの
チワワさえ抱いていたら可愛くみえるでしょ~(飼い主も)とばかりに
洋服を着せたチワワを小脇に抱えたギャルが続出

チワワが小さくて軽いものだから
こんなところまで犬を連れて来る?と思う場所まで出没
初詣も・・花火大会も・・
もみくちゃになっておびえるワンコが吠える

小さいくせに吠える声はやたら大きく
キャンキャンうるさい座敷犬・・・
なんてね・・・・




また言いますが 愛好家の皆様すみません
でも、話はここからなんです!






縁あって 実際にチワワを飼ってみると
実に頭のいい犬だとわかりました

飼い主の意図をくみとることのできる頭の良さ!
例をあげてみたいのですが・・たぶん信用されないと思うのでやめておきます





2014061516012025f.jpg






そして
華奢な体に似合わぬ身体能力
元気!走る!

うちのちわわんは2才くらいまでは ものすごく走るのが早かったです
車で5分で行ける河川敷で 犬をノーリードで遊ばせられる所があるのですが
ちわわん、小さい頃から ここで時々ほかのわんこと交流してきました
犬同士の社交性を身につけさせる為に ごく小さい頃から

ここで、思いっきり走ってきました
他の小型犬が 追いかけても追いかけてもちわわんに追いつけず
じれてキャンキャンなきながら走っていたのを思い出します










今日もよく走ったなぁ・・(たそがれちわわん)





20140615155827533.jpg









またちわわんの事を書きますね
応援のポチッありがとうございます

にほんブログ村 犬ブログ チワワへ
にほんブログ村


にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
にほんブログ村




















ねむいけど・・・





20140508195914cca.jpg














ねむれない・・・









201405082001089b8.jpg















なんか 退屈・・・







20140508200314731.jpg













つまんない・・・・







20140508204506893.jpg















また ねむい・・・・






20140508204811410.jpg













やっぱり ねむれない・・・・・・






20140508205022141.jpg












   どうしたの?・・・・・

   


   


   まあ・・・そんな日もあるよね







  




ところで 先日目にしたこの本





20140508221414d6d.jpg




開くと 右ページはすべて写真 左ページはお話

パラパラ・・・・パラパラ・・パラパラ・・・パラッ と

写真だけ立ち読みしてしまった(ごめんなさい 本屋さん)






ニャンとかなる!と ワンチャンス!

写真だけで比較すると ニャンとかなる!に軍配(と わたしは思った)

とても面白いニャンコ写真

今度はお話もちゃんと読んでみよう












2014.04.26 犬洗い0円



いい天気~  
いきなりTシャツになりましたね!



てきぱき 洗濯物を干して








さて、こんな日は・・








ボス: お昼寝中 すいませ~ん

20140426141851591.jpg

    薄目あけてるぅ・・








20140426142919f90.jpg

ちわわん: (ぽちっ 目をあけて)
     
     なに~?どっか行くのぉ~?







ボス: ちがう 全然ちがう
   例のあれだよ








ちわわん:  ・・・・・・


20140426143659e88.jpg








  ♪さっさ~ちわわんをきれい きれい~~♪

  ♪ゴシゴシ ゴシゴシ♪ ジャージャー♪ジャージャー♪






使ってるシャンプーとトリートメントは これ↓



2014042614490833b.jpg


ティーツリーの天然アロマの香りがすばらしく 気持ちいい~
鼻腔から脳天に突き抜ける爽やかな香り~

わたしのシャンプーやトリートメントより 高い。。。。
でも ちわわんはちっちゃいから 月1使用でもう3年以上使ってるから。。

洗ったあとも 3、4日 ふわ~ん といい香り  








さあ、おわりました

201404261505148a5.jpg


あら。。生まれたての子やぎみたい。。。








逃げられないように・・いすに乗せてっと








201404261516353d7.jpg


ちわわん: つぎ あれ?・・・ あれ?  ドキドキ









2014042615222635e.jpg

ちわわん: やっぱし・・・・  ガーガーいうの嫌い







ボス: まあまあ~~
   このドライヤーひつ手間で 毛の立ち上がり ふわふわ感が全然違うんだからね~~



    


    ガーーーーガーーーッ  シュシュ  ガーーーーー






ボス: ほら~!!!!
   ふわっ ほわっ になったよ~






201404261532444a1.jpg


  
ねっ!




ちわわん:  ま~ね


















今日は わんこのお話です。


わたしは わんこと一緒に大きくなってきました。
両親が共に犬好きで
物心ついた頃には いつも傍らにはわんこがいました。



わたしには全く記憶がないのですが・・・
わたしが2才になるかならないかの頃の話だそうです。



お向かいさんがブルドックを飼っていて、


ブルドック



ある日、
お向かいさんが わたしを抱き抱えて
血相を変えて うちに飛び込んで来られたそうです。


お向かいさんは興奮した声で!


 「じょうちゃん、うちのブルの口の中に、手を入れたり出したりしながら
 きゃっきゃと笑ってはってーー!! もうーーもう びっくりしたわ!」と。



母は わたしが家をひとりで抜け出したのにも、気付いてなかったそうですが、


ここのブルさん、なかなかの番犬だったらしく、
クリーニング屋さんに噛み付いたこともあったらしい。

何やら気配に気付き、玄関外へ出たお向かいさんは、
わたしがグーにした手をブルの口の中に出したり入れたりするのを見て
血の気が引いたそうな。


ブルドック、最近飼ってる人をあまり見かけなくなりましたが、
口が横に大きく いつもよだれを垂らしていそうな感じ。
愛嬌のある顔が好きです。
当時 ちっちゃな握りこぶしを そのブルの口に突っ込んだり出したりしたら、
よだれでズルズルになり さぞ面白かったんだろうな・・と思う。




でも、なぜ そのブルはわたしの遊びに身を任せてくれていたのでしょうか?
その気になれば 指の1本くらいはーーー。


答は ちゃんとあります。



わたしには犬への恐怖心がまったくなかったからです。


犬が人を襲うのは 多くの場合、
人がその犬を恐れるから・・らしい。
人は恐怖を感じると 微量の汗をかきます。
暑い時にかく汗とは異質な・・・いわゆる 冷や汗みたいなものなんでしょうね。

その汗に含まれる特殊な匂いを 犬の敏感な臭覚がとらえると、
一気に攻撃スイッチが入るそうですよ。
なにかで読んだことがあります。


でも 例外もあります。
犬自身が 何かの事情で興奮してる時は、
以前から知ってる犬でも危険な場合が・・・。

その例外的な事情で、
わたしは、大人になってから
生まれて初めて 犬に噛まれました。
もう ずっと前の話です。


知り合いがハスキーのペアを飼っていました。
めすは並のよくある毛色でしたが、
おすは全身真っ白。
目が ひとつはブルー もうひとつはグリーン。

里見八犬伝より 「やつふさ」 と名付けられたその犬は、
まさに神犬。
美しい犬でしたが 人を寄せつけぬ風情がありました。
でも、遊びにいく度に よく触らせてもらっていましたので、
怖いと感じた事はありませんでした。



その日も
わたしはそこへ遊びに出かけました。
庭先につながれためすと
少し離れた高い塀で仕切られた場所に・・
その塀に両足をかけて立ち上がった やつふさ がいました。

まず最初に いつも愛想の良いめすをたっぷり撫でてから
やつふさのもとに・・。


ほんの挨拶がわりに
「はい、やっちゃん チュウーして!」
と肩から上だけを覗かせたやつふさの顔に 自分の顔を近づけた その時!!


ガウッ!!


やつふさの牙がわたしの顔を直撃。

上顎の歯はわたしのひたいに、
下顎の歯はわたしの小鼻のあたりに。

やつふさが口を開いて わたしの顔をアタックしたのは
ほんの一瞬だったのですが、
まるでそれはスローモションのように・・。

痛みはなかったのですが、
すぐに 生温かいものが顔を伝い始めました。

意外に流血し
病院に行かざるをえない事に。

運転の出来ないその青ざめた知人を座席に乗せて、
自ら流血したまま運転し 日曜だったので救急外来へ。


その後 幸い ぴらぴら動いていた小鼻の肉は綺麗に癒着してくれましたが、
ひたいの傷は 今もごくうっすらとー。
名誉の負傷です。


お話は長くなりましたが、
こんな事態を招いたのにも ちゃんと訳がありました。

めすがちょうども発情期を迎えていて、
やつふさは非常に興奮状態にあったらしいのです。
その為に 塀で囲ってあったのですね。

わたしが そのめすの匂いをたっぷりつけた後に
やつふさに近づいてしまった事で、
やつふさの興奮とイライラはマックスに。


そうですね。
犬には犬の心の動きがあり、
理解をしていないと 仲良くすることはできません。


わたしは勿論いまも犬は大好きですが、
あれ以来 知ってる犬でも大型犬にはむやみに触れないようになりました。

飼い主さん以外にはわからないその犬の事情もありますし、
事故が起こると 飼い主さんにも心配をかけますしね。


うちのちわわんでさえ、
小さなお子さんが 可愛い!と触りに来られるとドキドキ。

うちのちわわんは可愛いお顔に似合わず、
知らない人に触られるのが苦手なんです・・。



愛すべきわんこ達、
でもわんこ達は ただ人間を癒す為だけに生きてるのではなく・・
わんこ達にはわんこ達の気持ちも事情もあるんですよね。

















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。