上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






寒さが厳しいですね。


水槽に手を入れると、
温かくて気持ちがいいです。






さて、うちの省エネ水槽、
まずはご覧下さい。










ほぼ、中味が何なのかわかりませんね。


夜10時くらいになると、こうして水槽をすっぽり包みます。





理由は2つ。


ひと~つ
生き物は、人であろうが魚であろうが、規則正しいリズムで生活することが健康を保つ上で重要ですよね?

魚はまぶたがないので、光が目に入ると眠ることができないそうです。

建て前と裏腹に、飼い主は結構宵っ張り。
シンデレラと同じ・・
12時までにベッドに入らないと!!
と思うのに、ついつい寝るのが遅くなり・・・

そんな時に、いつまでも光々と電気をつけていたら、魚が可哀想でしょ?
こうして水槽をすっぽり包むと、中は・・漆黒の闇です。

魚ちゃん、ゆっくりお休み~。




ふた~つ
うちの水温計はデジタルで、最高水温と最低水温を記憶してくれます。

夜ねる前にリセットして
朝チェックしますと、
真冬になると夜間水温が(同じ設定温度にしていても)1.5度くらい下がっています。

ヒーターがフル稼働しても、外気の冷えに追っ付かないのでしょうね。

水槽の大きさに合ったヒーターを入れていますが、
もうひとつ上の能力がある
ヒーターに変えるという手もあります・・
でも当然電気代もあがりますよね。

そこで、試しにホームセンターで断熱材を買いました。
(90×180)¥600程度。

これを二つ折りにしたら、60ワイド水槽をぐるっと3面囲って、
余った断熱材の端を洗濯ばさみで前面ガラスに挟みとめます。
後は、ガラスふたをしている上部~前面にバスタオルをかけます。

あっ、見えませんが、外部フィルタ一本体にも余った断熱材を腹巻きのように巻いています。




これで、昼夜の水温差が0.5度以内になりました!

水温差が出ないだけでなく、
同じ水温を維持する為の電気使用量も当然少なくてすむはずですよね。

暖房をしている室温と、暖房を切った夜間の室温差が10度以上あることを考えると、
まずまずの成果だと思いますが・・
どうでしょう?

朝一番に、バスタオルは外します。
出かける時は、水槽の3面は断熱材を巻いたまま。

(めんどくさいからではないですよ~!省エネ、省エネ!)








休日は断熱材をくるくる外して
お魚をご開帳!

もしくは、側面をくるっと巻いて洗濯ばさみで挟んで、後ろガラス面のみ断熱材を残します。








たいした費用も手間もかけずに、水温を安定させる省エネ水槽です。





あらっ?・・・・
当たり前のことしか書いてないじゃん・・って?


あのね・・・
電力の節約って、
小さなことからコツコツと!ですよ。(きっぱり)


地球にも魚にもやさしいのよ
~!





いつもポチッを頂き
ありがとうございます

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
にほんブログ村





関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://miyu007.blog.fc2.com/tb.php/74-aecf3207
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。