上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





生き物のお世話をしていると、
数日のお出かけは何かと心配。


わんこの場合は預けなくては仕方ありません。


じゃあ、魚は‥‥?
預けようがありませんよね・・

親しい人に鍵を渡して餌をあげに来てもらう?
(それも正直なところ、すごく頼みにくい話ですよね・・?)




魚は3、4日は食事を与えなくても大丈夫と言われますが‥‥


うちの魚達のように・・・
<食が命>と言わんばかりの様子を見ていると、出来れば普段通りに与えたいと思います。





で!!うちはこれを使います。
  ↓





はい、自動給餌器 !






色んなメーカーから出ています。
どれがいいか‥‥?
ネット購入が主な私は、こういう時はくちコミをひと通り読みます。

くちコミ情報はほんと役立ちますね。
(メーカー側にとっては、怖い存在でしょうが・・。一旦ダメ烙印を押されたら・・
売り上げに大きく影響が出るでしょうからね・・)



検討して、エーハイムのオートフィーダーにしました。
エーハイムさんの商品の宣伝をする義理は何もないのですが
・・・
使用感を載せないと、意味がないですので・・。






<気に入ったところ>

(1)プログラミングがあまり複雑でない

(2)給餌時刻を1日最高4回までセットできる。(4回もいらないけど・・・)

(3)コンテナをの回転を1回転あるいは2回転と選択できる。
(2回転目は1回転目の60秒後)


(4)セット時刻以外にも手動ワンタッチキーで餌を与えることができる

(5)「エアーサーキュレーションシステム」により内部ファンで給餌コンテナ内の湿気を追い出し、最後まで乾燥した餌を給餌することができる



<厄介なところ>

(1)何より餌の量の設定。
これは、エーハイムに限ったことではないようですが。

設定時間に回転をしてスリットから餌を落とす仕組みです・・
どの程度餌を落とすのかは、スリットの幅を手で動かして
決めるのですが・・・・。

この落とす餌の量の微調整が難しい・・!
上記(4)のワンタッチキーを使い、ボールで(餌が落ちないように)受けて、
何度試したことだろう-------!!

1週間以上のお出かけの折に購入したので、ココを適当にしてたら大変!!
1週間以上も毎日どっさり入ってしまったら、水質悪化もはなはだしい事に・・なるよね。

なので、スリットの幅を決めるのに嫌というほど時間をかけました。
ほんの少しの幅の違いで、えらい違いになるんですから・・

コリのタブレットと他の魚の細かい粒餌を一緒に落とすのは結局うまくいきませんでした。
餌のサイズが違うと、均一に出すのは難しいです。
なので、コリタブをすり鉢で細かくすって、餌の大きさをほぼ揃えて・・・
少なめの量を2回転させる設定に落ち着きました。


ちなみに、くちコミによるとフレーク餌はくっついしまい、
上手く落ちない場合があるようですよ。




(2)電池で動いていますが、ON・OFFスイッチがないので、
使わない時は電池をぬかないとOFFにならない。
その電池をぬく作業がビスを外さないとできない。
使い続ける場合や、逆にたまにしか使わない場合には問題ないですが。



(3)フィーダ一自身が大きいので、小型水槽には向かないのではないか?と思います。






以上、使用感でしたが、
やはり留守の時に必要ですので、満足です!
ないと困ります。


なお・・定価は高いですが、
charmでもAmazonでも同額で、¥3680で購入できました。
(もっと安く購入できる時もあるので、安い時に準備されると良いかもしれませんね。)







あっ!帰宅してからは、もちろんオートフィーダーは外して、
自分で餌をあげています。

餌をあげる時間こそが
<楽しいコミュニケーションタイム>なわけだから、当然ですね!







では、今日の動画はその<楽しいお食事タイム>です。


上から赤虫が降ってきて、大騒ぎするコリドラス達の様子です。
特に白コリさんのあわてぶりを見て下さい。
(ネオンやエスペイにも赤虫をあげようと上からまいたら、
フィルターの水流に乗って赤虫が飛んでいく~~!
で、コリドラス達が大騒ぎ~!)













いつもポチッと応援
ありがとうございます!


にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
にほんブログ村



関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://miyu007.blog.fc2.com/tb.php/70-e06d8fb9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。