上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。








うちの60ワイド水槽(90L)には
エーハイムの外部フィルター2215を使っています。
魚の数も過密ではないので、
これだけで濾過能力は計算上は足りているのかもしれませんが、

魚を飼いはじめてしばらくして買ったスポンジフィルター、
これもずっ~と今の水槽でサブフィルターとして働いています。



はい!今日は・・・
内容は例によって大した話ではないけど、バリバリアクアです❗
<スポンジフィルター>のお話

アクアに精通した皆様、今さらですみません。
初心者の方、well come!!


この、スポンジフィルターというもの、
「こんなもので!?大丈夫~?」と思う向きもあるかと思いますが、
生物濾過にはかなり使えると実感しています。


人の腸を押し広げていくと、
表面積はテニスコートくらいになると言われます !

同様にスポンジフィルターも平らに押し広げていくと、
その表面積はバクテリアの住みかとしてかなりなものになるのでは?!



掃除も簡単。
飼育水を小さなバケツに取って、その中で軽くシャバシャバするだけ。
几帳面にギューギュー揉んだり強く握ったリしてはだめです。
子猫の背中を揉むように、優しくモミモミ・・モミモミ。
それだけで、びっくりするほど水が黒くなってきます❗(汚れです)
いや~、物理濾過的にもなかなかの能力ですね。

数カ月使ってると・・・
軽くにぎると、ニュル~ンとした感じになってきます。
このニュル~ンとしてる所がバクテリアのアジト❗

クンクンすると墨汁のような匂い。
決して嫌いな匂いじゃないです。

水面上から水を落とすので、酸素の供給にもなりますから、
ブクブクを別にしなくても大丈夫。

そして、水流が穏やかなので、
水の流れが苦手な魚にもぴったり。




うちで使っているのは大きなスポンジが縦に2本ついているタイプです。
見た目は・・・確かにごっついですが、見えにくい場所に設置。

あとで知りましたが・・・
実はスポンジフィルターって横型がいいらしいとか?
なんでも・・・・
水中浮遊物は、降り積もるものだから、横型スポンジの方が吸着しやすいのだとか。
(う~ん、そうなのかな?どうなんだろう?)


あっ、それから、
うちのは2本タイプだけど、1本タイプの2倍の濾過能力かというと・・
そうはいかないらしい。1.5倍程度の能力らしいです。
これはあちこちで見られる情報です。



<総括>
色々利点を考えると、見た目さえ度外視すれば、やっぱり
スポンジフィルターは優れものだと!!
小さい水槽はもちろんのこと、大きい水槽のサブフィルターとしても!






でもでも~


だからって・・・
2本立てのスポンジフィルターを
2組も入れとく?

(実は2組入ってますのぉ)





入っているのは、これと・・・


これ!




実は、ひと組は予備スポンジフィルターなんです。
水槽に常設してると便利なんです。

稚魚が生まれたり、ちょっと魚の隔離が必要になったりで
別に水槽が必要になった時やら・・・
新しく魚を迎えた時には(うちは薬なしで様子を見ます)
トリートメント水槽も一時的に必要になりますよね?

トリートメント水槽を常設しておくのは理想だけど、なかなかねー。
でもこれなら、ササッと必要な水槽に、
飼育水とこのスポンジフィルターを移動するだけで
<バクテリアがもれなく着いてきます>ので、超簡単。

いくら飼育水を100%使ったとしても、フィルターが新品だと、
そうすぐには水はできませんよね?
でも予備スポンジフィルターを移動すると、
本当にすぐ環境が出来上がります。



とは言うものの・・・
見た目も大事だし・・・
ひと組は外そうかなと思ったり・・


いやいや!
暮れに魚を買った時も、この予備スポンジフィルターのおかげで、
新しい魚をゆっくりと静養させる&異常が起きないか
ゆっくり観察できたじゃないか❗・・と思ったり・・・




(で・・次はいつ魚を買うんだい?)




・・・・・・・・


さすがに奥に設置のテトラのは、もう3年くらい使ってるので、
スポンジの掃除をしても水流はかなり落ちてきています。




新しいスポンジに替えて、使い続ける?
それとも外す?




今日も思いを巡らすのでした。





にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
にほんブログ村












関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://miyu007.blog.fc2.com/tb.php/39-0915b5d7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。