上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




90水槽





コリドラスは縄張りを主張しない魚で、
みんな自由に動いています。

それでも、それぞれの魚には
それぞれのくつろげる居場所があるようで。





お昼寝時間を覗いてみると・・。




ど真ん中のボルビの森の下は
・・・。



やっぱり大きなコリドラス達が主にくつろいでいます。






こちらは小さなコリドラス達。







そして、ミクロソの陰にも。







この子達もミクロソの辺りが落ち着くみたい。











そして・・・・








コリドラスに混じって、タイガーもすっかりこの水槽の住人ね。






それにしても・・・
いつもぶら下がりスタイル。
口が疲れないの?









ちょっと・・・
たまには真っ正面からあなたを見たいわ。。。。




クルクルクルクル・・・・










いや、それで普通だから。










そして最後にもう一枚。





まん中の小さいジュリーはこの水槽で昨年生まれた子です。
もう成魚ですが、やや小ぶり。

いや。。。
普通サイズかも。
隣の子達が大きくなりすぎだぁ

白コリやステルバイは、もうコリドラスとしては
Maxサイズでしょうねー。


ジュリーファミリーは
みんな小柄ですがとても元気。
着々と一族の血統を残していきます。






いつもお帰りの際に
応援のポチッを頂き、
ありがとうございます(*´▽`*)
   ↓
にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
にほんブログ村


... 続きを読む
スポンサーサイト




先日 自然孵化したジュリーのベイビーを保護して、
フロートボックスで育てはじめましたが
・・・・・



とっても元気ですよ~!



皿式でわかしたブラインをあげていますが、
食べてるところを
動画に撮ってみました。
(短いのばっかりだから大丈夫よ(^-^;)
初めて音楽も付けてみました)

ブラインシュリンプが
ビビビビーーーービビビビーーーーと
インベーダーみたいに動くのが見えるでしょ?
あれ?でもベイビーぽか~んとしてる?





ええ、実はこれはちょっと失敗なんです。
ブラインの活きが良すぎて、
みんな泳いでフロートの壁をよじ登ってしまい・・・
これではコリベイビー食べにくい。
床のブラインしかキャッチできませんね。




で翌日、仕切り直し。
今度は、採取したブラインを冷蔵庫に20分くらい寝かせておきます。
するとブラインがおとなしくなりビビ・・ビ・ビとなり
泳ぐ元気がなくなるんです。
でもちゃんと生きてる。
ここミソです!
コリベイビーにはとっても好都合!!
で、次の動画はパクパクシーン。




あれ?ブラインは写ってないから、何を食べてるのかわからない?
(あらっ・・ほんと・・・^_^;)


OK、OK、では・・・・・



嫌だぁ~もうお腹がかなりいっぱいで、ぱくぱくスピードが鈍い。。。
でも、この後もちょっと休んではビビビビと動く
ブラインを食べつくしましたよー。







終了~!




お腹キンキン



ごっつあんです!







ベイビーがジュリーファミリーの5番目として
水槽デビューできる日まで・・・・・







飼い主、必死!!







忙しかったシーズンもそろそろ終わり。
ちょっとほっとして、動画をあげてみました。

うふふ・・・
やっとお魚三昧できます~!


いつも読んで頂きまして
ありがとうございます。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
にほんブログ村






先日の朝、
いつものように魚たちに餌を
あげていると・・・・・・



ピョ~~~ン
と、何か走った。

なぜか小さいものほど目にとまるわたし。



ああ~!!
また自然孵化してる!



もちろん、ジュリーの子供です。
ジュリーの子とわかる模様が既に出ていて、
ヨークサックももうありません。


頭の中がぐるぐるし始めました。
どうする・・・・?



2号、3号が人工飼育の途中で
死んでしまったのは・・・・
ついこの間。

真っ先に頭に浮かんだのは・・
下手な手出しはせずに、
このまま自然に任せよう。。。



ベイビーは器用にヒュンヒュン走り元気そう。

何気に大人コリの近くに行ったりする。
ドキドキ・・・・・・・

でも、意外なほど大人コリは
追いかけたりしないねー。。。
(でも・・白コリ姉妹のそばには行かないで・・・・。
彼女たち、目が悪いから・・・・・・)

案外うまく育ってくれるのでは?!
と、甘い期待を寄せた瞬間ーー
ブルーダイヤモンドヘッドネオンがベイビーめがけて、
シューーーーーンと飛んできた!


ゲッ!!!!!
食べられる!!!!!



でもベイビーはネオンの倍のスピードで、
逃げきりました。



この水槽でのベイビーの敵は、
モフモフ悠長な大人コリよりも、案外このネオン達?!
赤虫だってシュルシェル食べてしまうもんね。。。。。



ベビーが逃げこんだ先は



賢い子ね、ベイビー。
そこなら、誰もあなたに近づけないわ!
頭をつっこんでも、奥までは行けないからね~。


とりあえず写真におさめて・・

気にはなるけど・・・・
仕事に出る時間に・・・・・・




・・・・・・




帰宅したら、ぐったりで・・・
とても大捕り物をする気力が起きず・・・・

それにまだ迷っているし・・・
自然に任せた方が良くない?

今月いっぱい、まだまだ忙しいし・・・・
うだうだ・・・・。




以下省略。




・・・・・・・・・・・








結果



やっぱり、こうなりました。
どちらが良いのか、わかりませんがー。




そして、急いで準備した皿式ブライン。
二度目なので手際よく。




LEDライトの上に乗っけています。
お盆も過ぎて少し暑さがやわらぎ、
ブライン孵化の最適温度の28℃
を下まわっていますので。

ブラインをわかす間、
とりあえず冷凍ベビーブラインをあげましたが、
反応がいまいち・・・・
ちょっと心配。






あれっ??
前に、ベイビーはベイビー専用水槽で育てるのが一番!
とか言ってなかった?・・・って?


はい~、すみません(_ _)
あの後、ブロ友のchicorinさんから<フロートボックス(水作)>
を教えて頂き、早速取り寄せていたのです。

これはいいですね~!
ネット式は底がネットの為に
コリドラスのように床にいる稚魚は餌の度に
下から他の魚につつかれるのが・・
どうにも見ていて気になり落ち着きません。

このフロートボックスは底を含む全面がプラスチックで、
横2面に流水の為のスリットが入っています。

外からも稚魚の様子がはっきり見えるし、
スリット幅もコリドラス稚魚ならOK!
これはいいかも!!


もう少しボックスのサイズが大きいとなおいいのですが。
まあ、うちは1匹だけなので問題はないと思います。




ジュリー4号はうまく育ってくれるでしょうか?
いや、すくったからには・・・頑張らねば・・!!




読んで頂きありがとうございます。
皆さん、お盆休みはゆっくりできました?
私は盆休みは一日だけで週末も稼働、
今日は久々の休日となりました(;_;)
いつも慌ただしく、コメントも遅くなり、すみません(_ _)

そんなブログですが・・・
よろしかったら・・・・・
   ↓
にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
にほんブログ村






<暑い>という言葉を口に出すまい・・・・
と思う今日この頃です。
余計に暑苦しいから・・・・。



忙しい最中ですが、
魚から離れているわけではありませんよ~。
毎日、ちゃんとみんなのことを
見ています。
水かえもしています。



そして、心待ちにしていることも!



いま最も信頼しているショップに、
入荷したら連絡をお願いしているプレコがいます。



あっ・・・・
全然珍しいのとかではないんです・・・・
お高いのでもないんです・・・



ポピュラーなプレコなんです
・・・・



それなのに、全然入荷しないんです。
人気ないのかなぁ。。。。?

ううん、たぶん私が色にこだわっているせいだわ。



ブッシープレコの鮮やかな黄色個体が欲しいのです。


アルビノブッシープレコや、
ブルーアイゴールデンブッシープレコ(パラグアイゴールデン
ブッシー)には、どちらも白い個体と黄色い個体がいます。


特に色によって別名で識別されてるわけではないようです。


でも色で印象はまったく変わります。
下の写真は、どちらも赤い目のアルビノブッシープレコですが・・・

黄色個体は




白い個体は



これほど印象が違うのに、
同じ名前なのが不思議です。


最初は、ゴールデンと名がついているものが黄色だと思っていたのですが、
ゴールデンの中にも白い個体がいるんですねー。


ただ、ブルーアイゴールデンブッシープレコは
体が白い個体も目は赤ではなく黒(ブルー?)っぽく、
アルビノブッシープレコと区別されてるようです。



一度、ショップから連絡があり
見に行きましたが・・・
みんな白い子たちでした。

ここで私は、ゴールデンと言うだけでは足りなかったことに気付き・・・
改めてショップの方に、<目の色は問わないから、
出来るだけ黄色いブッシーが欲しい>と再度お願いし直しました。


あれからずいぶんたつのですが、
黄色い子はなかなか入荷しないようです。




通販で頼めばって?




う~~ん。。。
良い悪いの話ではないのですが
・・・・
今まで、生き物は必ず自分の目で見て選びたいと思い、
そうしてきました。


単にリスクの軽減という事だけでなく・・・・

例えて言うなら・・・
奥さんの出産に絶対立ち合いたいと思う人と、
特に立ち合わなくてもいいんじゃない?と思う人がいるように・・・


出会いの瞬間にその場にいたいと思う人と、後でゆっくり会ってもいいんじゃない?と思う人と・・


そういうことではないでしょうか?・・・・

・・・・・・・・


(あれっ・・・どういう事なのか、
自分でもわからなくなってきました)
例えがちょっとおかしいですね。



とにかく、魚を迎えに行くのは
(頻度が低いだけに)私にとってはとてもわくわくな時間なので、この時間は手放せません。


お陰で、うちの子達とショップで出会った時のことは、
みんないい思い出になっています!
今は超豊満バディーの白コリ達も、
あの時はショップの水槽の中で、
ほんとにちっちゃくて頼りなげにうろうろしていて、
可愛いかったんですよ~!!





こういう思考ですので・・・
通販でしか手に入らないような
希少な魚は生涯飼うことはないと思いますが、
それでいいと思っています。



平凡な魚ばかりが、仲良く泳いでいる
平凡な水槽が好きなんです。



そんなわけで、気長に待っています。

逆に忙しい最中に連絡が入ってこないことも、
うまくできてるなぁ~などと思ったり。





でも黄色い子、そろそろかな~ 
待ってるよ~!!







いつも読んで下さりありがとうございます。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
にほんブログ村




2015.08.05 仲良し末亡人




熱帯夜と聞いて・・・
どきどきするのは・・
若い人。


熱帯夜と聞いて・・・
げんなりするのは・・
もはや若くない人。



もちろん、後者です。

なんで毎日こんなに暑いの〰!!


・・・・・・・・・・・・・







うちにはエスペイが三匹いましたが、
オスが一匹なくなりました。


昨日まであんなに元気に餌も食べていたのに・・・・?


朝、姿が見えないので探すと、
ボルビの森の中で、静かに眠っていました。


もうかなりの長生きでしたので、
元気だなぁーと思っていたら、
何の前ぶれもなく、
ぽっくりと逝きました。


飼い主にとっても、
一番心穏やかでいられる別れ方で・・・
本当に最後まで優等生なエスペイでした。



さて、残された2匹はどちらもメスで、
末亡人となりました。




エスペイは温厚な性格なので、
小競り合いもなく、三匹で平和に暮らしていましたが、
夫の死後、この2匹の未亡人の心にちょっとした変化が・・。






いつもぺったりくっつくようになりました。







今までも決して仲が悪いわけではありませんでしたが、
そんな風に二匹で常に寄り添っている姿は見かけなかったですね。

とにかく、べったり。





そして、しょっちゅう2匹でスイスイ水流にのって実に楽しげ・・
に見える。






これって・・・・?





オスがいなくなり
のびのびしている姿?
(そうだったの・・?!)


あるいは、オスがいなくなり
三角関係も解消。
2匹のメスの間に心の葛藤がなくなったって事?
(かもねー・・?)



魚も環境の変化に伴い、
心も変わるものなの・・ね。



まあ・・どちらにしても、
未亡人どうし、楽しい余生を送ってくれるのはうれしいことです。













ちわわん Γ暑いわねぇ~。
わたしなんて、脱げない毛皮を着てるものだから~~
暑いのょ~。 おやすみ~」






読んで頂きありがとうございます。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
にほんブログ村




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。