上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






寒さが厳しいですね。


水槽に手を入れると、
温かくて気持ちがいいです。






さて、うちの省エネ水槽、
まずはご覧下さい。










ほぼ、中味が何なのかわかりませんね。


夜10時くらいになると、こうして水槽をすっぽり包みます。





理由は2つ。


ひと~つ
生き物は、人であろうが魚であろうが、規則正しいリズムで生活することが健康を保つ上で重要ですよね?

魚はまぶたがないので、光が目に入ると眠ることができないそうです。

建て前と裏腹に、飼い主は結構宵っ張り。
シンデレラと同じ・・
12時までにベッドに入らないと!!
と思うのに、ついつい寝るのが遅くなり・・・

そんな時に、いつまでも光々と電気をつけていたら、魚が可哀想でしょ?
こうして水槽をすっぽり包むと、中は・・漆黒の闇です。

魚ちゃん、ゆっくりお休み~。




ふた~つ
うちの水温計はデジタルで、最高水温と最低水温を記憶してくれます。

夜ねる前にリセットして
朝チェックしますと、
真冬になると夜間水温が(同じ設定温度にしていても)1.5度くらい下がっています。

ヒーターがフル稼働しても、外気の冷えに追っ付かないのでしょうね。

水槽の大きさに合ったヒーターを入れていますが、
もうひとつ上の能力がある
ヒーターに変えるという手もあります・・
でも当然電気代もあがりますよね。

そこで、試しにホームセンターで断熱材を買いました。
(90×180)¥600程度。

これを二つ折りにしたら、60ワイド水槽をぐるっと3面囲って、
余った断熱材の端を洗濯ばさみで前面ガラスに挟みとめます。
後は、ガラスふたをしている上部~前面にバスタオルをかけます。

あっ、見えませんが、外部フィルタ一本体にも余った断熱材を腹巻きのように巻いています。




これで、昼夜の水温差が0.5度以内になりました!

水温差が出ないだけでなく、
同じ水温を維持する為の電気使用量も当然少なくてすむはずですよね。

暖房をしている室温と、暖房を切った夜間の室温差が10度以上あることを考えると、
まずまずの成果だと思いますが・・
どうでしょう?

朝一番に、バスタオルは外します。
出かける時は、水槽の3面は断熱材を巻いたまま。

(めんどくさいからではないですよ~!省エネ、省エネ!)








休日は断熱材をくるくる外して
お魚をご開帳!

もしくは、側面をくるっと巻いて洗濯ばさみで挟んで、後ろガラス面のみ断熱材を残します。








たいした費用も手間もかけずに、水温を安定させる省エネ水槽です。





あらっ?・・・・
当たり前のことしか書いてないじゃん・・って?


あのね・・・
電力の節約って、
小さなことからコツコツと!ですよ。(きっぱり)


地球にも魚にもやさしいのよ
~!





いつもポチッを頂き
ありがとうございます

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
にほんブログ村





スポンサーサイト






うちにはヤマトが6匹います。
たぶん・・


ヤマトの個体識別はできませんので、同時に数えれたのが
6匹ということです。



私はエビが好きです。
飼うのも
食べるのも・・・
(ごめんね)



エビが水中を泳ぐ姿は愉快です。
魔法使いがほうきにまたがって飛んでるように見えません?
あのビューーンと方向転換する動きです!





それから・・・
エビって、とっても好奇心の強い生き物だって知ってます?



水槽の中に新しい流木や水草、とりわけ新しいエビ仲間が入ってきたりすると・・・
急いで覗きに出てきます。

そのさまは、目つきは・・
人に似ていて笑ってしまいます。




うちの水槽、以前に比べてクロヒゲ以外のコケはあまり出ないので、
エビ達にはのんびりしてもらっていいんです。


コケがあまりないから、エビのご飯は当然コリドラスの餌を一緒に食べてもらいます。





水槽に餌をまいたら・・・





ええっ!?いつキャッチしたの?




と思うほど、すばやくコリ餌を持って、ほうきに乗って飛び去っていきます。



こっちでも





そっちでも





こんなとこにも




と、思ったらそこへ・・・
この子も安全地帯に運んできたね。






手に手に(足に足に?)しっかり餌粒をかかえています。
6匹中4匹が見事に餌を
ゲットしたわけですね。




ヤマトはアカムシも乾燥イトミミズも大好きです。

イトミミズをシリンダーの中で加圧・減圧くり返し、水に沈むようになったら水槽に入れて噴射しますが、
こんなこともありました・・・









あせるな~!ヤマト




ピストンを押すに押せない・・










でもね、コリの餌を食べるばっかりで、まったく仕事をしないという訳ではありません。



ほら、南米モスや流木を
二匹で一生懸命に耕していますよ。










ところで、
水槽にじっと腕を浸けてみたことありますか?


ヤマトが腕に止まりにくることがありますよ。

チクッとしますよ。
かぶと虫に腕を這われた時の
あの感じ・・・




お嫌いでなければ腕を・・・

自然な形でエビと触れ合えますよ~。






ランキングに参加しています。
ポチッとお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
にほんブログ村


水槽の裏面がキラキラ銀色なのに気づかれました?
その件はまた別の機会に~。








今日は、エスペイのお話です。







エスペイという魚は本当に温和で丈夫で飼いやすい魚です。



アクアを始めてしばらくして飼い始めたので、3才にはなっていると思います。

5匹いたのですが、昨年2匹なくなりました。
理由はよくわかりませんでしたが、
3才近くなると・・なんとなく納得です。



この3匹はまだまだ元気ですが、いっときの燃えるような朱赤の体色があせてきました。
旬の時期を過ぎたというところでしょうか・・
自然なことですね。



先月仲間になったネオン類と
結構仲良しです。






エスペイはコイ科の魚だから、水流があると少しテンションが上がる気がします。
水流に向かってグイグイ泳ぎます。
流れを受けとめるのが楽しいように見えます。

水流を殺すと、ボ~とした感じであまり動きません。


時々、外部フィルターの排水ホースシャワ一部分を外して、
ホースを直に水槽の中に。
エスペイが急に活発になります。


普段はホースシャワ一部分を水中に入れ、穴の向きはやや下向き。
軽くガラス面にあてて流しています。


コリドラスも水流は好きなので、底の方にももっと水流を作ってあげたいけど、浅くまいた底砂が見事にふき上げられてしまうので、これ位でがまんしてもらおう・・・

ネオン達もまあまあこの程度の水流なら平気だしね。







日曜の昼間、流木の下で休んでいるコリドラスを撮ってみました。







「ちょっとぉーーー!!」




人を恐れぬネオン達が
カメラの前をふさいで
撮りにくいです・・

あ・あ~ん・・と気をとられた僅かなすきに、コリドラス逹が逃げてしまいました。




スマホで撮っているので、
水槽にかぶりつきです。

それなのに、ネオン達は・・・


食い気が警戒心を遮断させているのでしょうか?

(エスペイは優等生なので、こんなこともしません)






スマホを置いて・・

「いっそ、これでどう!?」
と水槽ガラスに、顔を押し付けてみた。





目のまん前にネオンの顔がありました・・・・・





すごいね・・・





あなた達・・
間違いなく太るよね。









ランキングに参加しています。
応援のポチッをお願いします。
  ↓ ↓ 
にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
にほんブログ村










水草のアヌビアス類はとても丈夫!

丈夫なうえに丸い葉は可愛い!




アクアを始めた頃からアヌビアス・ナナを育てていました。



去年逝ってしまったベタのじい様の水槽で、ナナは可愛く茂っていました。


じい様が逝って、土の中に埋葬する時・・
ちょっと迷いましたが、
ナナもじい様と一緒に埋めました。

じい様は、死ぬまでナナの上に座っていたので・・
ナナにはあの世のお供をしてもらいました。
ナナには可哀想でしたが・・・じい様をひとりで葬るには、切なすぎたのです。
魚には、お花をたむけるより水草のほうがいいと思いました。



実は・・
あのじい様のひと月に及ぶ薬浴期間の間も、
ナナはじい様の水槽の中でした。
だめもとでした。
取り出してしまえば、じい様の休むところが無くなるからね。


それがね、
ナナは生き続けたんですよ。
本当に強い水草です。
がんばったのに、じい様のお供をしてもらい・・ほんとごめんね・・・




それで、またナナを育てたくなり、ネットで注文しました。





届いた水草ですが・・
あれ?あれれ?





・・・
このナナ、葉っぱが大きくない?


じい様の水槽のナナは、もっと・・その・・
小さくて可愛い葉っぱだったよ?




あっ・・いゃだぁ~!
そうかぁ・・・・
あれだわ・・・・!





注文した時に、備考欄に
《大きいものがあったらお願いします》
と、小学生みたいな事を書いちゃったわ。


(おっきいのが欲しい~!なんて
・・ほんと小学生低学年だわ)






でもね・・
私は大きい葉っぱのが欲しいと思ったんじゃなくて・・
株が大きいのが欲しいと思ったの・・・





欲ばって、墓穴をほりました。








気をとり直して・・・
流木に巻き付けてみました。







やっぱり・・
ナナがもっと小さい方が収まりがいいよね?
・・・
こう、ちょこんと可愛いらしくね。





こっちからも見て~





ううーーーーん。







あっ、それはそうと・・・
初めての動画が仕上がりました !
やっとこさ出来ました。
(でも画像があんまり綺麗じゃない。
なぜだろう・・・?)



ネオンやエスペイに餌をあげた直後なので、激しく動いています。
餌の臭いに気付いたコリ達がざわめき出しますよ・・
まだ浮き餌しかあげてないのに、鼻が利くよね。










ランキングに参加しています。
応援ポチッと頂けたらうれしいです。   
     ↓

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
にほんブログ村




















ボロボロのぬいぐるみですが・・・


これはうちのちわわんの宝物。









あれは7年前・・・


ちわわんは、ブリーダーさんの家で生まれました。



ひとりっ子で生まれたちわわんは、お母さんのおっぱいを独占し、丸々太った・・
それはそれは愛らしいわんこでした。







わたしがちわわんを迎えに行った日・・・



ブリーダーさんが
「今日からお母さんと離れて淋しかろう・・」と、
お母さんの匂いがついたクマをちわわんに持たせてくれたのです。



当時のちわわんは、
このクマと同じ位の大きさ。
手の平に乗るほど小さく、
ふにゃふにゃしていました。




うちに来て初めての夜から、
クマのおかげで、ちわわん安心してひとりでも眠れました。



実は・・・
ちっちゃいちっちゃいちわわんと一緒に寝てて、圧死させてしまったらどうする!?
と怖かったので、ひとりで寝てもらったわけで・・


ブリーダーさんは
「ははは‥犬はそんなに鈍なことないですよ」と言われましたが・・・

(ブリーダーさんは自宅のちわわの足をうっかり踏んで、骨折させてしまったそうですので、)
話はあてにならないなぁ‥と思い、一緒に寝るのはやめました。








あれから7年過ぎて・・・
クマはボロボロ。




でも、ちわわん今もクマを大事にしています。




大事にしてるから、けっして
噛み千切ったりしません。

優しく噛んで持ち運びます。






そして時々・・・




こうして、熱心になめなめしてる事もあります。
母犬が子犬を大事になめるようにね。

















「わかってるよ、ちわわん」










もうひとつ好きなのは・・

ドコモダケ






でも、扱いが違うんだよね・・










だって・・・。








あっ、もうひとつ
好きなものがありました。



ふわふわしたもの。


特にお布団。



お布団を干して、取り込んで
ちょっと目を離したら、
その上をぴょんこぴょんこ。


好きなことを知ってるから、
しばらくほっておきます。








そうすると・・・
そのうちに・・・・








    
            ↓

     
      
            ↓


    
            ↓







・・というのがパターンです。








ランキングに参加しています。
応援クリック頂けたらうれしいです。
     ↓
にほんブログ村 犬ブログ チワワへ
にほんブログ村


にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
にほんブログ村
















昨年、12月中頃にお迎えしました
ブルーダイヤモンドヘッドネオン5匹とニューゴールデンネオン5匹。












なかなかの愛らしさ!




この子達を迎えるまでは、
コリドラスを見る為に100%水槽の底しか見ていなかったわたしが、
ついついこの美しさに目を奪わるようになりました!





ですが・・・



あれっ・・・・・




こんなにちびすけなのに、
この子達、案外気が強いのね・・・?






17Lほどのトリートメント水槽にいる時は、みんな仲良く泳いでいたのに・・・・
大きな水槽に放した途端に・・



あっちでもこっちでも小競り合い!

かなり激しく突きあってるよー。






えーーーーーーー。
おとなしいお魚を選んだつもりなのに。。
ネオンテトラって、こう見えて歯があるんですよね。。





激しいのは、2匹がからまるように円を描いてグルグル!
噛み付きあってるのーーーー?!





もうーーー怪我してもしらんよ・・・






特定の魚だけがいじめられてるなら保護するんだけど、
どう見ても互角にやりやってる
・・・・
なので様子を見ていました。




〈そもそも魚というのは縄張り意識が強いもの〉という話は聞きますが・・・





ほら、うちでは、魚同志でぺったりくっついても平気な顔をしてるコリドラス達を見慣れてるものだから・・・






久しぶりに〈魚の突き〉を見て、ひゃーーー!となりました。






小魚といえども、
根性みせてくれますね







ですが、
2日も過ぎると、小競り合いは
うんと少なくなりました。



どうやら、陣取り合戦の折り合いがついたのかもしれませんね。




結果・・・
水槽まん中の前面には常に6、7匹の子が陣取るようになりました。
ここにはもう小競り合いは見られません。





一方、いつもこのあたりにポツンとひとりでいる子が・・・





いじめられてるの?・・
と心配になり観察していると・・


他の子がこのあたりに近づいてくると、この子がシャー!っと
するどい突きを入れてました。


なんだぁ~良かった。
あなたは強いから、好きな場所を陣取れたのね~。






なお、ネオン軍団が入ってくる前は水槽の中上層部は3匹のエスペイのみで、がらがらでした。


(ボルビが入る前の水槽)



3匹とも、好きにふあ~んと動いていましたが・・
水槽にネオン軍団が入ってきた日は面白かったです。



もう、このネオン軍団の中に入っていこうと、
必死で泳いでいましたよ。



そりあ、そうですよね。
長い間3匹だけで、刺激も薄くぽわ~んとしてきたのですから。




でも新入りを突いたりするわけでもなく、
退屈さから解放されて、はしゃいでいるみたいに見えました。


まあ、それも2日で元どうりに落ち着きましたけどね。






あっ・・・
コリ軍団の反応ですか?



もちろん・・・・




無反応・・






あなた達・・・
見えてるの・・・?










ランキングに参加しています。
応援クリックお願い致します~
(´▽`)ノ

     ↓
にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
にほんブログ村




いよいよ最後のラブレターになりました。
最後のラブレターは駆け足でいきます。

でも・・・愛がいっぱい詰まっているので・・
今宵もまた長くなりそう・・。






私の好きな場所はいくつかありますが、ここホノルルにあるビショップ・ミュージアムも
とても心惹かれる場所です。







ハワイの歴史の研究と保存を目的とするハワイ最大の博物館です。


《当初はカメハメハ大王の子孫、バーニス・パウアヒ・ビショップ王女が集めた
ハワイの美術工芸品のコレクションや王族の家宝を収蔵するために建てられましたが、
今では太平洋地域の重要な自然と文化を伝える歴史博物館になっています》
・・だそうです。(←丸写し)





中に入ると、ひんやりしてて薄暗くて・・なんだかとっても落ち着きます。



こちらに限らず、〈博物館〉という場所が好きなんですが、
特にこちらは私にとってはわくわくな博物館です。








写真が続きます
(撮ってはいけないという注意はなかった…と思いますが、見落としでしたら本当にすみません。)






こういうのを見るとゾクゾクします。
















海の民でありますハワイアンが
魚をとる為に使った道具もたくさんありますよ。












色がとても綺麗。
海水魚の鮮やかさと重なります。






国旗ですが、気の遠くなるような手の込んだキルトです。






ハワイ王国時代にキングが着用したマントですね。
全部鳥の羽で出来ているようです(たぶんそうだったと…?)






そして驚いたのがこれ!



これ、日本の〈あやとり〉とまったく同じですね!
右の人は〈橋〉を作っていますよね?。。。

ちょっと調べてみました。

古くから、いろんな地域(国)であやとりはされてきたんですねー!
string figuresとは(紐図形)という意味で、ひとりで行うもの。
いっぽう、二人あやとりのことはFcat’s cradle(猫の揺りかご)と言うそうですよ~。

ほんと、ブログしてたら賢くなるわぁ。。。。









もちろん、フラの歴史にまつわる展示もあります。












このプニューという太鼓、私もカヒコ(古典フラ)の時に使っています・・。
なんだか、うれしい。









写真はまだまだ山のようにありますが・・


博物館の中の雰囲気はざっくりとわかって頂けたと思いますので、
先を急ぎます・・・









近年人気のカイルアタウンにも行きましたよ。
またバスに乗って・・・。
(ハワイの交通機関はバスしかないですので)


ここは、観光客だけでなく地元っ子にも人気ですが、私は初めて!









ショッピングモールが見えています。








12月だったので、ショップにもツリーが。




このツリーのオーナメントは海の生き物。
ヒトデや貝がぶら下がって、ハワイらしいですね~。

それにしても、夏い季節のクリスマスなんて‥‥
全然ピンときませんね。。。




全米一美しいビーチと言われるカイルアビーチは、
ここから徒歩かレンタル自転車で行けるのですが・・結構な距離。
うう・・・ん、しんどい。

(更に美しいと言われる)カネオヘに既に行った事があるので、
似たようなものだろう・・とパスしました。

初カイルアでしたが、今回はタウンの雰囲気を味わう程度になりました。
(旅の中盤でやや疲れが・・)




でも、行列のできるブーツ&キモズのマカダミアパンケーキはしっかり食べてきました。
平日だったせいか、すんなり食べれました。




ふわふわパンケーキに甘いマカダミアソースがとろとろたっぷりかかっていて、
噂どおりの美味しさ!
日本でもお馴染みのエッグスシングスのパンケーキよりも、こちらの方が美味しい!

ちなみにエッグスシングスのはこちら↓



このてんこ盛りクリームが・・ちょっと胸やけ・・。









また別の日には
オアフ島の北西、ノースショアにあるハレイワへ行きました。
ここはオールドハワイと呼ばれ、
ワイキキの華やかさとは違ったローカルな雰囲気の残る場所です。
好きなので、何度か来ています。


またまたバスですが、ちょっと遠いので時間がかかります。
でもやっぱり行きたくなりました。











道路に面して、色々なショップが続きます。








こんなラブリーなサーフショップも。



ノースショアは冬は巨大な波が打ち寄せ、世界中のサーファーを魅了する場所ですので、
サーフショプも多いですね。




そしてここ。







ノースショアマーケットプレイスには
カフェや雑貨屋さんやサーフショップ、
リゾートファッションのお店などが集まっています。

コーヒーギャラリーから、
ああ~~、いい香り~!

平日だったせいか、人も少なくのんびり。

特に何かを探すというのではなく、ただただ気のむくままぶらぶら。
ワイキキでショッピングに時間を使うのは勿体ないと感じるのですが、
ハレイワのショップはロカールな雰囲気で、好きです。
(ただ、ショップは観光客をメインにしているようで、お値段は
なかなかだと思います)


・・・ので、たいてい何も買わないのですが、それでも充分に楽しめます。
ブレイクに飲むコーヒーも格別でした。


やっぱり良い時間を過ごせました。








そうそう、ハレイワからの帰りのバスでね・・





結構大きなわんちゃんが乗ってきました。

盲導犬とかではなく普通のわんこ。
わんこ運賃を払い、普通に乗ってきます。


それにしても、とてもお利口なわんこ。

途中で、近くに座わっていた子供がわんこを触りにきましたけど、
触られても悠然と落ち着いていましたよ。


一方、お隣の飼い主の男性・・・・。
失礼だから、もちろんわんこしか撮れませんでしたが・・


バスの座席に座り、
しばらくすると・・・
思い出したように手鏡をとり出し・・・


マスカラを塗り始めたのですが
・・・・・
何度も、何度も・・
乾いては・・塗り・・
乾いては塗り・・・


見事なまでに落ち着いたわんこと対照的に、
マスカラをしゃかしゃか塗っている飼い主さんの姿が・・・・
とってもアンバランスで・・
心の中でクスクス。

(あっ、でもゲイの人に偏見を持ってるわけではありませんよ)



そんなことも、こんなことも、
ハワイの空気の中では
み~んな普通のこと。


そんな気がするので、ハワイが好きです。









最後のラブレターも案の定、長くなってしまいました。
最後までお付き合い下さり、ありがとうございました。


夢からさめて・・・
また現実に戻り、あくせくしています。
でも今年もがんばろう~!っと。



さて、次回はうちの熱帯魚のお話に戻ります~!





ランキングに参加しています。
応援クリックお願い致します。
(^_^)ゞ
   ↓
にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
にほんブログ村










今年初めての更新です。
本年もよろしくお願いします。




(大晦日の宵越しに付き合わされて、元旦早々ぼわ~んとしているちわわんを写しました。)






さて、今年お初の内容は・・・
昨年末のパート2で、今回はハワイで見た鳥たちのお話です。


ハワイは野鳥が多いので、
プレートランチを外のテラス席で食べていたりすると…
必ずどこからか・・
1羽・・もう1羽・・・と
足元に鳥が集まってきます。





もちろん、食事のおこぼれを期待して集まってくるんです。
はい、はい、パンをどうぞ~。
お米も好きよね~。

この子、タカみたいな目をしてますね~。







こんな綺麗な子も時々見かけましたよ。






ラミノーズの鳥版ですね。










さてさて、ハワイをイメージする時に必ず頭に浮かぶのは
ヤシの木ですよね・・?



でも、私が見るたびに
「す・ご・い !」と感動するのは・・
この巨大な“バニヤンツリー”という木です!






公園なんかによく見られる木なんですが、みんな大きい!
よっぽど離れないと、全貌を写せないほど大きな木です。
この木の特徴はね・・・
近づいてみましょう。






バニヤンツリーは、菩提樹の仲間で、この木の幹にみえるのは、実は気根という“根″なんですよ!
大きく横に広げた枝からこの気根という長い根を地面に向かって垂らした姿は、巨大な木のお化けに見えるの~
(素敵なお化け)

気根は地面に届くと新しい幹になって、どんどん木が大きく太くなっていくんですよ!
マウイ島にある超巨大なバニアンツリーの下は、公園になっているとか。
すごい!!
巨木の日陰でみんなが集うなんて、素敵♪





それでは、ちょっと気根に近づいてみますね。





ほら、気根のすき間がハトのお宿になってますよ。
ハト以外にも、いったいどのくらいの数の鳥がこの木を巣にしているのかな?
朝はとてもにぎやか♪








あっ、ちょっとこの写真を見て!



歩いていて見かけた、
普通のハワイの民家の庭ですが




・・・・・




・・・・・・・・・・・・













遠くから見てると・・・・
なに?‥白い紙くずが散乱してるのかな?・・・・・









そう、これ全部白いハトなんです。
すごい数が集まってますね!
やさしい家主がいつも餌をあげてるのでしょうね?
ハト小屋もなく囲ってる訳でもないので、餌を食べたらまた飛んでいくんだね~。

ハワイには白いハトがたくさん飛んでいますが、青い空と海に映えて綺麗です。











私は海でシュノーケリングをするのが好きで、
旅仕度の中にマイシュノーケルをしのばせていきます。





ここはハナウマ湾という、とってもメジャーなシュノーケリングスポットです。







ノースショアーや、カネオヘでもシュノーケリングをしたことがありますが、
このハナウマ湾が一番魚の数が多いように思い、再トライです。
以前ここに来たのは、かなり前です。







茶色(グレー?)ぽく岩場のように見えてるのは、海中の珊瑚です。
水の透明度が高いので、水上の岩場みたいに見えません?

この珊瑚棚を中心に熱帯魚がたくさん見られます。


結構大きめの魚たちが、人を怖がることなく、
あらら・・と思う距離まで近づいてきます。
手を伸ばすとさわれそうなくらい・・・
ですが、このハナウマ湾は湾全体が自然環境保護区に指定されていまして、

入場する際は随時集められて、環境保護についてのビデオ上映を見るのが
義務付けられています。


この湾で守るべき事。


生体に触れない、追いかけない。
(もちろん釣りなど出来ません)
珊瑚を踏まない、座らない。
水溶性サンオイルを塗らない。
トイレ以外でシーシーをしない。
(海の中でーーですよね。これ、結構ばかにできない汚染になるようです(T_T))
などなど・・・・



さて、潜ってみると・・・
以前来た時より、変化している事がありました。
大きな魚が増えて、小さな魚が減っていました。
なぜだろう・・?


あっ・・
海の世界にひとり浸り、魚になって戯れていたので・・・
海中写真等は・・撮っていません。

えっ?もしや重要なミスでした?・・
ごめんなさい。
至福の世界にほわわ~~んと浸っていました。

水中カメラも持ってませんし・・・
ごめんなさい。






えーーっと、ちょっと脱線しましたね。
そうそう、鳥の話でした!




ワイキキから市バスに乗ってハナウマ湾前のバス停につくと、あたりはこんな風です。
(ここから、海に向かって坂をずーと下っていくとハナウマ湾にでます。)








雰囲気あるよね~。

そして・・・・
ほら、野生のにわとりが歩いています。













立派な雄鶏!






そして、こんな所で・・・・







見えます?
雌鶏の下から、ヒナが顔を出していますね。







ここは、野原のような場所。
その土の上に浅い穴を掘って、
そこで卵を産み、暖めて、子育てをしてるのでしょうね。


野良犬や野良猫に狙われないの?!と思いますが・・・


そう言えば、野良犬は見たことないですね。
偶然かもしれませんが、野良猫も、ないなぁ・・?

不思議・・
天敵がいないのかしら?






どのにわとりもとっても落ち着いていて、悠然と歩いていました。






それがすごくのどかな風景で、い~い感じでした。












ランキングに参加しています。
クリック応援、お願いします~(*'‐'*)♪
      ↓
にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
にほんブログ村









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。